mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

科捜研の女17 第10話 雑感 女と思ったら男で殺された白骨遺体はその人のものだったという。

殺されたしのぶさんは実は男だった。確かに坂上忍も男だもんね。中山忍は女性。男女兼用で使える名前だからこその盲点だった訳だ。
じゃあ本来殺されたと思われてたタカさんってのが真犯人臭いな。団子三姉妹で二人殺害され、一人は恩もあって庇う為に犯人として名乗り出たけど、実は庇ってると思った人は既に殺されててなりすまされてたってのがミソだね。酷い話だ。だから化粧品は重要って奴だな。
メガネの中田光男が真犯人だった。本名山内貴之、ひでえ奴だな。川村ゆずを殺したのは行きずりの犯行ってやべえな。山内やべえよやべえよ。こんな奴が映画監督になろうとしてたのがしゅごい。供述の時の名演技でしょは流石に酷い。サイコパスかよ。
それにしても、しのぶさんは性同一性障害だったのかな。まあ何でも障害と決め付ければ良い訳じゃないけど、何かえり子さんと実は相思相愛だったんじゃないかな。実際。現にえり子さんの方はしのぶさんがずっと自分を見守ってくれてると思ってたみたいだし、しのぶさんはしのぶさんでえり子さんのコンプレックスを優しく包み込んで親友として付き合ってたけど、そんな彼女の為に窃盗に手を掛ける位だしね。まあ窃盗つっても山内側の窃盗に対して取り返そうとしただけだから当時の刑事事件でも多分情状酌量されてんじゃないかな。まあ今と違ってオカマに人権なかっただろう25年前の警察を考えると望みは薄そうだけど。