mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ドラマスペシャル 白日の鴉 雑感 とりあえず被害者の証言のみで有罪にしちゃう司法と警察は流石に闇が深すぎるから法改正して容疑者の証言や証拠も議論の対象にしろや、ボケェ!!!

新人警官の新田真人(伊藤淳史)は、痴漢の疑いをかけられたサラリーマン・友永孝(遠藤憲一)を逮捕し、初手柄をあげる。
しかし、友永は一貫して無罪を主張。新田もある日、痴漢被害者と目撃者の男が一緒にいるところを目撃したことで、冤罪の疑いを抱く。
そして新田は、老弁護士・五味陣介(寺尾聰)に協力を求めるが…?友永に痴漢冤罪を仕組んだのは誰なのか、その目的とは!?事件の裏に隠された深い闇に、3人の男たちが挑む!

目の前で助けられる命があれば助ける。これ言うのは格好いいけど実際にやるのとは違うよな。友永を誤認逮捕しちゃったのは、後の黒い事件が分かったからだしね。五味弁護士が若い頃の自分を思い出して友永の冤罪を晴らそうとしてくれそうだ。当番弁護士はゴミクズ、これは新田自身が分かってる。しかし痴漢冤罪は恐らく殺人の冤罪を晴らすよりも難しいんじゃないか。だから何度も何年もかけて実証して再審請求したりしてやるっていう。このドラマ見て思うのは弁護士にも警察にもゴミクズがいて、本当の意味で正義の味方で悪く言えばお人よしの法関係者がいるって事だよね。
新田と仲の良い玉蔵病院の須本医師は人を死なせちゃったのであの車で自殺。それを新人警官の新田君が巡回中の通報で発見と。これ一応自殺らしいけど、どうもきたろうともう一人の女春乃が怪しいよな。きたろう、弓削は玉蔵の事務局長。きな臭くなってきた。


今回の話は、結局医局の手術ミス隠しに須本医師が嵌められて殺されて、彼が読んでいたカルテを知った可能性がある友永を痴漢冤罪で有罪にさせて医療ミスを隠ぺいする目的だったという内容みたいね。直接実行したのは弓削で、指示したのは勿論院長自身だったと。
それにまんまと嵌められた警察と司法。被害者の証言だけで有罪に出来る痴漢って闇が深すぎだろ。警察も司法ちゃんと調べろよ税金泥棒が!!でも交番の現場主義の警官は許すぞ。寧ろ上官がクソ。
まあしかし、病院ってホントクソだな。病院経営者って皆じゃないけどクズは死んで、どうぞ。しかし、捕まえた警察官に無実の証明をされるって小説ってホント事実より奇なりだな。てか誤認逮捕についてはこの後の監禁犯と芋蔓で捕まった医療犯罪者や殺人犯を捕まえた分で帳消しなんだろうかね。証人Mもまあアリだと思う。
良い話風に終わったけどね、とりあえず司法死ねって事で一つ。