mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

奇跡体験!アンビリバボー 2017年11月23日放送 雑感 金新朝事件について。

奥さんが聖人だったのと恩師である警察上層部の人のお蔭で何とか北朝鮮の危機に晒されつつも慎ましやかに生きて来られた金新朝氏の数奇なる運命の歴史。脱北者の心の支えになるべく牧師の道に進み、優秀な人しか行けないとされる神学校を経て55歳でなって脱北者600人以上の相談に乗った、まあこの人も韓国の歴史上では偉人に数えられても良いなとは思った。何せ人を殺してないし韓国国内でのイジメを生き抜いてきた御仁だから。しかし日本もだけど、親に問題があった時に子どもがいじめられるのってホントクソだと思う。当時はFBI保護プログラム的なものがなかったみたいで本名で生活してた、もしくはさせられてたのは軽く国は保護に後ろ向きだったんだなと分かった。朴正煕政権ながら脱北者への支援が滞ってたのはまだまだ当時は後進国だったという事なのだろうけど、日本も内部告発者に対しては長年厳しい社会制裁を与え続けてて、大相撲なんかでカンニング竹山とか小倉智昭とかが隠蔽しろよって言いきったのは悪しき文化よなあって思ったな。内部告発を良しとしないのは雪印の偽装牛肉事件などで内部告発した企業がその後執拗な業界イジメにあって廃業寸前に追い込まれた事件もあったけど、何で告発者を囲って優遇しないのかと義憤に駆られたな。それはそれとして、大統領暗殺未遂事件があっても、それでも当時隊長格であった金さんを許した当時の警察は寛大だったよな。司法取引がこの当時から存在してた事に、日本人として素直に尊敬する。セウォル号事件やパククネ罷免事件の時も日本の検察と違って不起訴にせず徹底的に国家権力に立ち向かったのは称えられるべきだとも思ったね。日本はホントどうしたんだろ。ジャーナリズムも残念な事に年々なってるし、正に忖度させられる世の中になっちゃったよね。何か辛い。隣の芝生は青く見えるというけど、それは日本が韓国に比べて後ろ向きな事ばっかで挙句隠蔽、忖度が横行して司法が死んでるからだろうがと反論してみる。