mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ホモアニメで美少女を出す作品が売れる理由について。

いわゆる乙女系の類は主人公の女の子に成り切りたいって要素が多分にあるのだろう。
オトメイト系のアニメは大体性的魅力に乏しいものの可愛らしい守ってあげたくなる女の子が多い。
女はいつだってかっこいい男に守られたいという淡い幻想を持っている。その点を突いた作品は良く売れる。
同様にそれ系のアニメで女を一切排除しなかったアニメは売れる。排除するとコケる。分かりやすい。
刀剣乱舞の場合は代わりに美少女然としたショタを登場させる事によって売らせている。男の娘も広く腐女子に売れるのだ。
爆売れした完全なホモアニメはあっただろうか。いやない。というか出せない。
その理由は、こんなにも可愛らしい、完璧なプロポーションの美少女・美女よりも男を選んだというカタルシスに浸りたいが為である。
いわばホモアニメに女を出す事自体ギミックとして使われるのだ。
腐女子は女に対して物凄くどうしようもない同族嫌悪を常に抱いているので美少女を登場させて泣きを見せる事で自尊心を満たし、ストレスを発散しているのかもしれない。
その意味では腐女子ほど分かりやすい生き物はいない。かっこいい男こそ至高なのだから、喩え自分の容姿を犠牲にしようともイケメン男子を追い続けるのも納得が行くはずだ。