mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

2017年10月放送の『十二大戦』がちょっと不安。

10月放送の『十二大戦』、公式サイトから何からレクリ並に空回りしてる気がしてならない。それはスタッフ陣を見ても明らかだ。

原作 -「十二大戦
小説 - 西尾維新
イラストレーション - 中村光
監督 - 細田直人
シリーズ構成 - 村井さだゆき
キャラクターデザイン - 嘉手苅睦
音楽 - 椎名豪
音楽制作 - エイベックス・ピクチャーズ
アニメーション制作 - グラフィニカ
製作 - 十二大戦製作委員会


個人的に、音楽:椎名豪が甚く魅力的なんだけど、それ以外は特に。
シリーズ構成が村井さだゆき夏目友人帳のシリーズ構成として有名な氏だけど、過去には、ブギーポップキノの旅魍魎の匣など原作を著しく改変した経緯のある人物で、最近はそうでもないのかな。シドニアの騎士は僕個人としては素晴らしかったけど、話はずっとマンネリだったのは否めないし、夏目も伍は良かったけど陸はあんまりな評価だったので一長一短というか信頼性が基準点に届かない。そして何より細田直人が、細田守になれなかったあの、クソアニメ足らんとした無駄シリアスアニメみなみけおかわりや空鍋、アニメーターとしてはうたわれるもの14話で物語の絵柄にそぐわない尖った作風が少し問題になったあの細田直人監督。はたらく魔王さま未来日記など良作もあるが、本編は作画がかなり厳しめでバトル回だけ異様に作画ファンを唸らせたのは知ってるけども、やっぱりクセの強すぎる人が監督なので少々警戒が必要に感じる。公式サイトのPVも細田節というか、確かに作画はぬるぬるだけどやっぱり線が尖ってていわゆる質アニメ寄りでこれは売れそうにないなと思わせるには十分だった。所々中割り部分が駄目だった。PV時点でこれだから僕は期待しない。キャラデザは嘉手苅睦と珍しい名前がクレジット。氏は今回が初キャラデザという事なのでこれも不安要素に。というか女の子が壊滅的に可愛くない。まるで一時期IGデザを彷彿させる海外アニメチックな絵柄なので、この時点で見切る人が多いように思う。そもそも今は萌え絵系のキャラデザすら受け入れられない時代に突入してるのでどれくらい尖ってて奇抜かが勝負のカギになるだろうから、多分この絵を見て、攻殻機動隊などの機械仕掛けの質アニメが好きな信者を獲得できれば勝負になると思う。
ただ、このアニメ、PVを見るに西尾維新要素は皆無に感じられてならない。正に勢いだけという感じ。制作のグラフィニカはゴンゾのCG専門というし、アニメーション動画として切り取るなら多分面白さは保証されるだろうが、肝心のアニメ本編は面白く感じられない。少なくともPVを見る限りは。


www.youtube.com


一つだけ言わせて貰うと、ヒロインがブヒれない・ンゴれないアニメは何をやっても自己満足にしかならない。それはスタッフが作品に愛がないから。


  • 公式サイト

12taisen.com

  • ツイ垢

twitter.com



現在のフォロワー数15072(2017年9月18日付)と放送前ながらその規模の小ささに空気感が既に漂りつつあるのは気のせいか?
特に空気アニメというカテゴリでもないが、久し振りの細田直人監督作品なので、また強烈な変顔作画が見たいという甘い誘惑に駆られてとりあえず1話は見る事にする。