mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

NEW GAME!! 第7話 雑感 コネっち、きらら女子大生だった!(知ってた定期)

f:id:mouseion:20170824014003j:plainf:id:mouseion:20170824014205g:plainf:id:mouseion:20170824014305j:plain


なんJおんJで散々ネタにされたねねっち一橋大生説。短大に通ってるのは原作でもアニメでも言ってたと思うけど、何せモデルが一橋なせいでこういうデマを面白がって吹聴するバカの多い事多い事。寧ろ短大に対する逆差別になってるんだけどね。
面接はきついよな。誰もが通り、そして挫折を経験する場所。ねねっちはコネっちだから直ぐ受かったから挫折知らずって感じが微妙に原辰徳
志望動機のテンプレ回答“御社(文面では貴社)に感銘を受けて~”、これはデキる人例えば一橋大生が言うのときらら女子大みたいな一般大学生が言うのとでは全然重みが違う。というような事を昔任天堂の倒し方を知ってる人が言ってた気がする。でも志望動機は概ね手作りな人が多いイメージがあるなあ、あれはデキる人の証みたいなものだし。自分の人生観と会社とのすり合わせ感があったけど文章が完璧だったから、テンプレ回答であっても参考にさせて貰ったな。無駄だったけど(苦笑)。だからねねっちの志望動機って結構分かる気がする。あれはコピペ・テンプレでないと無理な会社も実はあるからね。例えば中小企業。コネ入社ならその辺適当で全く問題ないから、コネっちが問題起こそうがその前の実績作りの段階でそこそこの成果を挙げてるって点で言えばコネはコネでも選抜型だろうなというのは言わなくても分かると思う。株式会社はてなインターン出来るような子は大抵優秀だからそのまま入社って流れになるみたいだし、実はバイトの段階で一通り人間性も技術も見られててそれが評価に繋がったと見れば、実はねねっちのコネは相当認められた証拠でもある。何せデバッカーという非情で過酷な環境の中でたかがバイトと見做さずに働いたから。まあ他人のプリン喰ってひた隠しにするADHD特有のズルっぽさは問題があるし、一応先輩に当たる青葉ちゃんに対してタメ口利くのは流石に草。その辺もひっくるめての評価だから、実は結構優秀なんだよね。デバッカーとして優秀でうみこさん指導の下自力で一本ゲームを完成させてるし実力は十分。
あと、一橋で思い出したけど、純情ロマンチカって作品があるんだけど、こちらは正真正銘一橋大学を舞台にしてる(まあ三橋大学だけど)。で、出版社へも学生時代から同居人のコネでは必ずしも言えないけどツテでバイトして卒業後は社員として働いてるんだっけか。
要は上司なりに顔を覚えて貰ってるってのが大きいんだなとしみじみ感じた。さっきのインターンとかにも言えるけど初めて行く会社にこれこれに感銘を受けてってのは通じないけど、実際にそこで雑用なりを通して感銘を受けたのならそれは事実になる。
つまりねねっちのコネは正真正銘そこで働いた事に対するご褒美みたいなもんで、親や知人のツテで入るのとは全然違う。いわば幹部候補生って奴だけど、この言葉を使ってる企業の多くがブラック企業で昨今問題視されてる名ばかり管理職への優待券だからそこは気を付けるべきだと思う。
ともかく面接おつかれさまーっす。



f:id:mouseion:20170824015427j:plainf:id:mouseion:20170824015432j:plainf:id:mouseion:20170824015444g:plainf:id:mouseion:20170824020000g:plain


さて、今回は新人のロケットおっぱい望月紅葉ちゃんがぐうかわだった。ひふみん系のかわいい陰キャ。汗だく子作りセックスしたい。
あと一人は鳴海ツバサちゃん。コネ入社じゃん!の人としてあまりにも有名(笑)。あれ、それしか面白い部分ないのかな。胸はまあ普通だしなあ。個性的な子なのはよく分かるけど。
この二人が専門学校からインターン入社してくる話。何となくねねっちの事で熱く語っちゃったけど本題はこっちなので。
といっても語りたい事が特にないんだよなぁ。という訳で次回へ。