mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

本日付の朝日新聞朝刊の天声人語の下部にある書籍欄について。

産経新聞出版の大高未貴著の『父の謝罪碑を撤去します』慰安婦問題の原点『吉田清治』長男の独白。
というのがあった。
朝日新聞的にはもう終わった問題なので、吉田清治の本書をもう出して良いという判断なのだろうか。
それにしてもライバル紙にあたる産経新聞の広告宣伝を使うとは中々乙だと思った。
ちなみに本日の天声人語は安倍首相による『印象操作』を就職氷河期ごろに刊行された本書と絡めて語っている。
まあ、何が言いたいのかというと朝日新聞が最も得意とする印象操作で安倍総理の印象操作のやり方が拙いと断じている。
その先輩風を吹かせた切り口に舌を巻きつつ、その下部を見渡すとどつぼ超然、ザーッと降って、からりと晴れて*1といった河出文庫の隣りに本記事を見とめたという事である。
何というか普段見出しとテレビ欄位しか興味がなかったが早起きは三文の得、ふと天声人語を見るとこんな事が書いてあって更にその下部を見ると面白い話があったと、つまりそういうことである。

*1:どつぼにハマる思いがした事、今日は雨であることにひっかけた皮肉にみえた