mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

リリカルなのはStS以降のなのはシリーズの蛇足感は異常。

リフレクションで思ったんだけど、やっぱりスタッフもStS以降を蛇足と認識したみたいだね。
StS以降、すごくお行儀の良い作風に代わってて、Asまでの旧作信者を振い落した感があった。
確かに魅力的なキャラクターが増えたのは良いかもだけど、主役のなのはさん視点での活躍がなくなったから
面白みがなくなった。
これはシンフォギアにも言える。
視点が響から他のメインキャラクターに移る事が多くなったせいで主人公が解決するという本来のコンセプトが失われて
以降は蛇足感しか感じなくなったのと同じだろう。
確かになのはシリーズにおけるビビストは面白かったけど、もはやなのはが関わっていないのでリリカルなのはという冠タイトルを外したという点では非常に良い選択だったと思う。
その意味ではもはやなのはシリーズはなのはがいなければという従来のコンセプトから外れてしまって現在は外伝シリーズが続いてしまっている感があって、そのせいで初期にあった魔法を駆使したファンタジー感などの魔法少女モノの利点が立ち消えてしまってもう全然違うアニメを見ている感じだった。
だから、リフレクションには期待せざるを得ないけど、あくまでStSまでの繋ぎだというのが気になった。
いっそパラレルワールド的に、あるいは世界線を別にしてそこからシナリオを展開して行った方が魔法少女リリカルなのはシリーズにとって良いのではないかと思う様になった。
ともかくStS以降のなのはさんの後輩たちが活躍する次世代型のなのははなのはじゃない。それならビビストの様に冠タイトルを外して欲しい。でなければリフレクションの様に原点回帰的になのは主役回に戻して欲しい。