読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

総集編を入れる、いわゆる万策尽きた状態だけど、最近開き直ってるよね?

出演声優さんとよく分からないどこかで見たかもしれない程度の芸人さんを使った特番が最近すごく増えた。
しかも段々申し訳なさがなくなってて寧ろ開き直った感がある。
要するに総集編ないし特番を入れるのもアニメを楽しむ一つの娯楽とさえなっている節がある。
実はSHIROBAKOでいうところの万策尽きた状態は、作画が間に合わなかった言い訳的に使われてたけど、
最近は作画が力尽きてないのにわざわざ第1部第2部と銘打ってやる所も出て来てる。
総集編は意外と好評で儲かってるのかもしれない。
ただそれをやる会社は、アニメ本編がそれをするたびにクソである事を認める事になる。
やるならいっそ延期しまくった上でやると良い。
自信があればだけど。
僕はもうこの手の万策尽きた商法で総集編や特番を入れるアニメでこれは素晴らしいと思ったアニメはない。
この時点で見る価値を失していると感じてる一人だ。
コンテ切るのが遅い人、時間調整の出来ない制作進行やペン入れに時間が掛かり過ぎる作監や監督など色々問題はあるだろうけど、
もうね、万策尽きたを開き直ってやってる所は駄目会社なのよね。
その自覚を持って堂々と特番でも総集編でもやりなさいよ。
要するに冒頭でも良いから、アニメ本編作るのに手間取って大人の事情で特番をやる事になって申し訳ありません位のテロップを入れるか司会者が謝れよ。視聴者はお前らの大事なお客様だぞ。
腰を低くして放送するんだな。