読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第50話 (終) 雑感 岡田磨里は特定の声優好きが講じてこんな無茶で中途半端なシナリオを作ったのかな?

f:id:mouseion:20170402192634j:plain

改めて、最終回はまあ、事後処理回としては無難だったなとは思う。ノブリスも始末したし。でも肝心のラスタル様が暗殺されてねえ!
ジュリエッタ嬢が髪を伸ばしたから可愛くなったなとか一瞬思ったけど表情変わんねえし、胸もデカくないし女の魅力ゼロのまま髪を伸ばした所で許す気にはなれんよ。やっぱり戦犯は戦犯のままだった。ガエリオとかマジでいらない子。やっぱりマリーって大川さんか松風さんの盲信的なファンだったんじゃないかな。かの両澤千晶女史の様にあるキャラないし声優をモロに贔屓にする脚本家は存在する。その一人が岡田磨里女史だったのかもしれない。いやそうに決まった!


けど、本当の戦犯は小川Pこと小川正和、さくら荘の鴨志田一長井龍雪監督という三大巨頭であり、そこにマリーを加えて戦犯四天王と呼ぶ事にするです。