mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

クズの本懐 第12話 (終) 雑感 ハッピーエンドなんて期待したら馬鹿を見た。

f:id:mouseion:20170331024714j:plainf:id:mouseion:20170331024726j:plainf:id:mouseion:20170331024732j:plainf:id:mouseion:20170331024737j:plainf:id:mouseion:20170331024758j:plainf:id:mouseion:20170331024804j:plainf:id:mouseion:20170331024811j:plainf:id:mouseion:20170331024815j:plain


一からやり直す為に一度清算(リセット)してから改めて人生をスタートさせるEND。
えっちゃんみたくケジメの断髪もなく、皆川茜からは次は寝取られないでねと釘を刺され、麦とは結局別れる。笑顔もないまま自ら第二の道に赴く花火っち。自業自得とは言わないまでも何というか流されやすくて自我を保てないまま、結局二兎を追う者は一兎をも得ずで誰からの愛も受けずに終わる。というか否定してるよね。どのルートにもいかなくてただ敗北者は消え去るのみという按配。見て損した。1話や中盤までのクズい話は良かったけど、実は花火の意固地とか子供っぽい恋愛観のせいというかね。男でいう童貞拗らせた青春期といった感じ。この子は処女を拗らせて終わった子。
原作だとエピローグ的外伝が存在するようだけど、このまま綺麗に浄化エンドで終わりなのかな。消化不良感が否めないまま終わってしまったな。正直皆川茜と鐘井鳴海の奇妙な恋愛がたまらなく好きで花火のそれは凄く邪魔に思えたから僕はこれで良いと思った。いや来年には名前だけ憶えてて内容忘れてる、みたいな感じだと思うな。


【総評】
思い返せばセックスのシーン以外殆ど全く印象に残らないアニメだったなぁ。
感情移入できる部分も花火のフィルターを通した子供じみた恋愛観で、彼女にそっくりな麦のそれも合わさって中々子供らしさがあったなというか。
求めてたクズの程度が常に微妙でウジウジするだけで爽快感がまるでなかった。
個人的に感情移入する相手を変えればこの気分はガラっと変わったのでそこは良しとしたい。つまり先述した皆川先生のくだり。
ハッピーエンドを期待して純愛厨ぶって見せたけど、考えたらいうほどハッピーエンドでも純愛でもなくても良いかなと思える位自由恋愛してた本作に対してえっちなシーンがあればもうそれでいいんじゃないの?と割り切れたのが結局クズの本懐といってもエロい部分で満足できてしまうと何がどう本懐であるのか正しく理解しなくても話は成立してしまってるのでいちいち難しく考えなくても良いんだなと、所詮はアニメなんだと思えてしまったので、
ある意味本作はアニメ化に失敗してるよなとは思った。
3月のライオンもそうだけど、別にアニメでやらなくてもいいんじゃないかという表現技法という名の演出で四月は君の嘘ほどの感動はなくて、これが監督の差なんだと脚本の差なんだと妙に納得してしまった。
クズの本懐の脚本演出は普通に素晴らしいと思う。だけど、見てて思うのは何を伝えたかったのか分からなかったという事。
それはアニメでは失敗だったというんじゃないのか。そう思えて仕方ない。
とにかく残念なアニメだった。