読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

冴えカノ♭の売上が1期よりも落ちそうな理由について考えてみる

ED担当が好評だったカラフル。の沢井美空でなく、妄想キャリブレーションというアイドルグループになったからだ。
主題歌を聴いてみたがやはりというか、一期にあった方向性の定まった内容でなく、あくまでタイアップ曲になる様な雰囲気がある。
何故盤石の布陣を変更してしまうのだろう?理解に苦しむ。
ただ、妄想キャリブレーションタイムボカン24の主題歌も担当しているので、全くズブのアニソングループという訳ではないのでそれほど不安はない。
寧ろ、それで売上が落ちるような事になれば、主題歌のせいではなく脚本や監督、企画した人のせいになるので、印象的に悪くなる程度にはなるかもしれないが、彼らに責任はない。
ただ、1期OPEDが神懸っていたので、二期で悪い評価を受けてしまうと、これからその手の批判に晒される可能性を存分に秘めてる分心配ではある。




・・・というフェイクニュース的な妄想をしてみた。今後ありうる記事なので。
実際には沢井は作詞を担当するので冴えカノの内容にそぐわない事にはならないだろうと思われる*1
しかし、主題歌担当が変更になるって事はそれだけイメージ悪化が大きくなる可能性を秘めているので思い切って変更してみたじゃ済まされない気もするけど、そこは大人の事情なんだろうと一応理解しておきたい。