読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ハンドルネームを実名にする時にバレなさそうな偉人を使った偽名について

織田信長とか羽柴秀吉とか松平元康とかはすぐバレると思うけど、あんまり知られてない偉人の名前をハンドルネームに使うのはどうだろう?
実に馬鹿馬鹿しいけどもよくよく考えるとそういう偉人を探すのは案外難しいんじゃないだろうか。
何故なら普遍的にいる田中や鈴木、小林、高橋、渡辺などといった名前の偉人であればバレない可能性はぐんと上がるだろうが、問題がある。
その普遍的な名字の偉人は割りと多い上に、何より誰も知らなそうな名前の御仁の場合、今度は何をした偉人かわからなくなる恐れを孕んでる。


問題はそれだけではない。
これはと思う名前が見つかったとして今度は誰かしらと被る危険性がある。
更にアニメやドラマに登場する名前だったらそれはそれで問題だろう。
もはや偉人という縛りの意味がなくなるからである。
問題の所在としては、ナントカという地元でしか聞いたことのないような、また、普遍的な名字の偉人以外には難しいということ。
しかもそれなりに偉人と呼べるに相応しい実績がないと駄目である。
そうなると自然と名乗れる偉人が絞られてくる。


しかし、そうすると今度はそんな偉人を絶対誰も使わないだろうという自信がなければ、やはり誰かしらと重複するかもしれない。
問題は山積してるわけである。
それにしてもたかがハンドルネーム位誰でも自由に名乗らせてやれと言う人は必ずいるだろう。
しかしこれはもはやそういう次元の話では済まなくなっている。
誰でも名前を見れば納得するような偉人ではなく、こういう実績をつくった偉人だと後で知れれば、少なくともハンドルネームに一般には聞いたこともないような名前を本名(偽名)として使うことは可能なはずである。


例えばナントカという有名なダムを設計または作った人とか、明治大正昭和に活躍した政治家でも良い。でも歴史の教科書などには載っていない正に知る人ぞ知る名前は絶対あるはずである。
筆者としてはそんな名前のハンドルネームの人がいればおっと思うし、よく考え付いたなと深く感心し敬意を表したくなるのだ。
一度で良いからそんなレトロだけでセンスの塊のようなハンドルネームにお目にかかりたいものである。