読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第9話 雑感 もうすぐ逝きます。(通算3度目)

f:id:mouseion:20170304025947j:plainf:id:mouseion:20170304025954j:plainf:id:mouseion:20170304025958j:plain
f:id:mouseion:20170304031321j:plainf:id:mouseion:20170304031327j:plainf:id:mouseion:20170304031336j:plainf:id:mouseion:20170304031349j:plainf:id:mouseion:20170304031354j:plainf:id:mouseion:20170304031359j:plainf:id:mouseion:20170304031404j:plainf:id:mouseion:20170304031408j:plainf:id:mouseion:20170304031412j:plain


死神で死にます宣言は危ない!
貴重な寄席がリアル火事で焼失か。それも師匠の不始末でな。それを与太が奇跡的に拾ってくれた。その命が未練たらたらでもいいじゃないか。もうそろそろ小夏さんに真実打ち明けて楽になりなよ。死神というか三途の川を見て死にたくないって思ったのは本当は落語をずっと続けていたいとかそういう簡単な理由からなんだろう?
元々死ぬつもりで扇を託したんだろう。それであっ・・・(察し)の与太が奇跡的に駆け付けてくれた事で難なきを得た、という所なんだろうな。実際は。妙に優しかったのは死ぬつもりだったから。