mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

自治体同士で保育士の奪い合いをする競争社会になってるのは良い事なのか?

白熱ライブ ビビット』の特集で保育園の待機児童問題が挙げられたが、その中で待機児童の多い船橋市千葉市がどういう対策を講じたかで待機児童数を増減させたかが俎上に昇った。
船橋市は保育士を増やす為に国の補助の他、市で保育学生に対して月額3万円の奨学金を出し、市内の保育士に採用されれば全額免除するという措置を取った。また、他市の保育園より良い待遇を約束する事で毎年の保育士の確保に漕ぎ着けた事が紹介された。
一方待機児童が未だに減っていない千葉市ではどうかというと、全く対策を講じていなかった。そして国に一律に補助してもらうべきだと言っていた。
国は国で、厚労省は毎年待機児童に関する議論をして補助金を出すようにしているからそれで各自治体がやりくりして欲しいとの事だった。
これは普通におかしい事なんじゃないか?
自治体同士で保育士を奪い合う事になったそもそもの原因が国が、本腰を入れていないからではないか。
要は国が補助金を突っぱねている為、各自治体での保育士の奪い合いに発展してそれが競争社会化してしまった、という事である。
結局、国は待機児童をなくすつもりがないのでないか。
つまり国は少子化問題を解決するつもりはないし、下手をすれば予算が莫大だから福祉は切ると、年金を株とかで溶かしながら言ってる訳である。
そういえば後期高齢者医療制度の導入もその過程から現在までに更に値上げをしようとしているし、年金支給年齢の引き上げも検討しているとか。
福祉社会になりつつあった日本を、子供も老人も助けない不条理な世の中にしようとしているのでないかと思えてならない。
でなければ一刻も早くも待機児童の問題に本気で取り組むべきだ。
年金を溶かしてる暇があれば、その年金を福祉予算に組み替えるべきであり、保育士の補助に利用されるべきである。
それをしないから日本死ね!なんて言われるのだ。ホント死ねばいいのに。