mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ADHDの人がADHDの人を理解する事はとても難しいということ

syakkin-dama.hatenablog.com

これ読んでて思ったけど、無趣味の人が多趣味の人の趣味を理解するのが難しい、
または無宗教の人が宗教勧誘してくる人を理解出来るかどうかという所を顧みた場合、
あながちADHDの人がADHDの人を理解するのはさほど難しくないのではと思いたい所だが、
そうはいっても、ADHDはその典型的特徴である、自分の事でさえやっとなのに他人の趣味または人格を理解するというのは、
上に挙げたような理解とは全然ベクトルが違うのだろうと思ってる。
何せADHDの人は自分の事しか考えられない、手一杯な訳でそんな人がADHDの人の理解を共有できるとは到底思えないし、
何より彼らが積極的に吸収する様になると、そいつらはADHDであるとは言えない訳で。
独り善がりこそがADHDなので、ADHDを理解すると言う事は、他のADHDを理解出来ない事を理解する事になる。
つまり、ADHDの人のブログほど、理解されないものなんですよね。ましてや超長文だし。
ADHDとは、注意欠陥多動性障害。つまり常に注意力が散漫した状態の人なんですよね。
そんな人が読むものでない事は理解した方が良いと言う事。
きっと当該ブロガーもADHDなのでそこが理解できていないのだと思う。
ADHDの人の理解に即した短くまとめられた内容が最も望ましい、というのはADHDの人の理解力、集中力を鑑みた場合なので、
当該ブロガーが、ここに来る人は頭がおかしい人みたいな事を冒頭で語っているけど*1人気エントリーに入ってたからたまたま見た僕みたいな人も等しくおかしい人になるんだろうかって所に、ADHDの人の理解って凄いなと考えさせられた。
別に馬鹿にするわけではないけど、ADHDだと自認する以上は、冒頭で自嘲気味に読む人に不快を与える表現は辞めた方が良いですよ。
得てして誤解を招く表現は、頭がおかしい人という誹りを受けがちなので自尊心が傷付けられるので辞めた方がいいですね。
つまりはかばんの中がぐちゃぐちゃな人イコールADHDみたいな書き方をされるとそれはそれで反発が起こるので、ADHDの人に優しい書き方を心掛けた方が良いと思います。

*1:かばんの比喩