mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

最近あかんべえ(あかんべー)してるアニメキャラを見かけない

あかんべえ アニメ - Google 検索

あかんべえをグーグル検索してみたのだけど、ハルヒ、ましろ色、ドラえもん舞乙、たまこま、NARUTO天上天下、俺妹となんとなく3,4年位までは割とよく見かけてた気がするあかんべえが、最近のアニメでは見ない。


まあ、別にそれで世界が滅ぶわけでも僕の自尊心が傷付けられるでもなければ、それが原因で不眠症になってしまっている訳でもないのだけれど、気になるとアニメも手に付かなくなってしまって困るのでとりあえずここに吐き出して見る事にした。


そもそもアニメキャラがあかんべえをしなくなった理由としては、生意気キャラまたは露骨なツンデレヒロインが減ったのと、そもそもあかんべえする理由がないからではないかと思う。


エロゲ原作アニメとか格闘系のアニメが実はここ数年とんと見かけなくなったのも関係があるかもしれない。舞乙HiMEの様な百合アニメ、といっていいかは分からないけど、にしても互いに認め合う仲に発展した同年代の女の子が切磋琢磨して成長する的な展開が実はもう半ばタブー化しているからかもしれない。 


あかんべえだからあかべぇそふとは関係あるのか調べてみたけど、AKABEiSOFT2 - Wikipedia実際問題、あかべぇとあかんべえは特に関係ない事が分かった。当たり前だ。


というか最近あかんべえをリアルでやってる人も見かけない。テレビドラマではごく稀に大河ドラマや小さい田舎の子供が出てくるドラマには登場したような気もするけど、それは何年も前のドラマの再放送だった気がしなくもない。


結局の所、僕の周りであかんべえをしたキャラクターまたはリアルの人々がいない、または殆どいないので、もはやその言葉さえ淘汰されて来てるのでは?とある意味危機感を禁じ得ない。


というか、あかんべえの方法も意外とやり辛い事が分かった。赤目を見せて何が楽しいねん!と軽くツッコミを入れたくもなった。起源的なあかんべえは調べれば勿論出るし、あかんべえでググると大抵宮部みゆきの小説がヒットする事も分かっているだけに、あかんべえの存在意義が実はもうそんなにない事が分かって来たので、とりあえず現状でアニメキャラがあかんべえをしているかどうかを知りたいという承認欲求だけ満たしておこう。


ただ、何となく調べただけなので結局は自己満足で終わってしまった事をここで明らかにしておきたい。
何故なら僕は単にアニメキャラがあかんべえをしている所を見たかっただけだから、調べればきっと何かしらヒットするだろうとは思った。
だけど、一時期気が狂ったみたいにあかんべえをするキャラクターが増えた気がしたが、それは果たして涼宮ハルヒの様な萌えヒロインが僕たちに軽く波状効果を齎して、その結果あかんべえをするキャラクターが色々創作された、に過ぎないのかもしれないというのが分かった。


それだけ分かればともかく、僕がやるべき事はもうないのだという事、そもそもあかんべえはリアルでも不利になる可能性の高い痛々しい表現なのと、案外自分自身にもダメージを被るという意味での痛々しさが目に付いて駄目な様な気がする。


あかんべえが世界を席巻してたかもしれない時代に行ってみたい。そして紐神様並の流行についてちょっとだけ提言しておこうと思う。
あかんべえ、したくなったらいつでもやってええんやで?