mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

今の深夜アニメのメイン級に選ばれる声優さんに若い人が多いのってメリハリがないよね

端的に言えば、往年の声優さんが使われ難いというかね。
結局若い声優さんばかり使い捨てる傾向があるのよね。
ギャランティーの問題が確かにあるだろう。だってランク制度ってのがある程だし。
といって子安武人の様にランクが明らかに上位だろって声優もコンスタントに出て来てる始末。
そこがよく分からない。
とはいえ、そういう声優さんがメイン級に据えられる事はあまりない。
多分ジョジョ位で、大抵は若い声優さんが使われてるんだろうなと思う。
問題はそれがオーディションをしてちゃんと決めてるのかという事。
つまり事務所の力関係による出来レースで決まってるとか、プロデューサーがこの子今が旬だからっていう割と大人の事情が絡んだ理由で選出されてるんじゃないかという話。


例えば、落語心中を挙げると、山寺宏一のオーディション秘話(以下にURL)の様にちゃんとしたオーディション形式で老若男女問わず選出された例もある。
togetter.com


けれど、それってごく少数なんじゃないかと思う。
大半はやっぱり件の選出方法で選ばれてるんだろう。
まあ、水瀬いのりとか小倉唯とかが選ばれてる中に榊原良子とか日高のり子がメイン級に入ってたら違和感覚えるけどさ。
でも一方でサブで皆口裕子とか井上喜久子とかが入ってるとやったぜ!って気持ちになるのは、普通にメリハリがあって良いなと思うからだろう。
個人的意見ばかりで申し訳ないけど、若い人だけってのはちょっと納得がいかない部分もあるって話ですわ。


それは昨日放送した声優総選挙もそうで、老害とは言わないけど年寄り勢ばかりが選ばれて若い20代以下の男女の声優が一人も選ばれてない事については違和感を覚えるという話。なんでって、深夜アニメや夕方アニメはそれこそ若い声優ばかりが演じてる。そんな中で古い、もうどのアニメで演じてるんだよって違和感を感じまくる古い声優陣の選出を見れば誰だって疎外感とか違和感とか排他感を覚えるに決まってる。
結局深夜アニメのニーズに沿った選出じゃないからイライラしたと、そういう訳ですよ。
メリハリがないしね。


メリハリやバランスを考えると深夜アニメにはそれがあまり見られないのがしっくり来ない。特に最近は顕著。
男性向けが殆どこれに当てはまるように思う。
女性向けはむしろ往年の声優もメイン級に入ってるし、萌えでない真面目なアニメ、例えば『亜人』とかね。この辺はちゃんと敵役に大塚芳忠などの年寄り声優が入っていたのでメリハリがあって非常に面白かった。
ただ、そういうのは売れないんだろうなというのも分かる。
面白いだけじゃ売れないのが、今のアニメ円盤売上事情なので、売れてる、若い声優が中心に選ばれるのは当然だし、最初に書いたようにいくらでも穿いて捨てられる切り捨てる事前提の今の若い声優の供給過多を見てもその辺はどうなんだろうと思う事もある。
ラブライブみたいにいわゆるビジュアル系のアイドル声優(素人に毛が生えた程度の演技力でも顔は美形な声優さんのこと)が爆発的に売上を伸ばしていれば、それはアニメとして成立しなくてもアニメ声優というビジネスが成立するのであれば、結果中身の伴わない馬鹿みたいなイベントを買うためにアニメ円盤が消費されていく世界になっても不思議じゃないし、アニメ製作の現場の意見を無視してでもスポンサーとか上の人間が状況判断して声優の人選を適当に若くて美形なのを揃えるのも気持ちは分かる。


だけど・・・、美形ならテレビドラマの俳優さんを見る訳で、裏方に徹する予定の声優に顔面レベルを求める理由は全くないと言って良いはず。
件の偏った声優ビジネスの過程で往年の実力ある声優さんがちゃんとしたオーディションを受けられずに消えて行く様を見るのは忍びないし、不公平さを禁じ得ない。
だから個人的には、下手なビジュアル重視の声優を使っても構わないからせめて脇役でも良いのでちゃんと往年の声優さんも使って欲しいという訳なんだけど、よくよく考えたらラブライブって往年の声優さんも使ってるんだよね。ちゃんと脇役で。
なのでちょっと難しいんだよなあ。
住み分けは大事なんだけどね。
でもメイン級でも往年の声優さんが出てるの、見たいんだよな。
昭和元禄落語心中』みたいなのは完全なガチ勢によるメリハリのある深夜アニメだと思えるだけに、最近この手の声優がガチってる深夜アニメが減って悲しく思うおっさんでした。