mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

響け!ユーフォニアム2 第12話 雑感 ユーフォにロスなんて言葉はいらない。また始まる日が来る。

全国銅賞は原作通りの様なのでそれに沿った形で全国銅賞という訳で、今時のスポ根モノにしては珍しく全国制覇的な内容でなかったのは良かった。良かったというか、僕の中ではやっぱり金賞受賞して、ほらみろ案の定テンプレだよ!と胸張って宣言したかったのにちょっと調子が狂った。もとよりあすか先輩がリードする戦いだったから余裕で銀賞以上は獲れたって流れだったから、全国での演奏シーンが無かった上に直後の麗奈の三角座りを見てまさかとは思ったけど。銅賞って本当は悪くないんだけど、何せ順位が明確につけられた訳で、関西では強豪だけど全国ではまだ無名校でしたというのも分からなくもない。元々それほど知名度のある学校じゃなかった、と思うんだけど、そこそこ名門気味の南中からの進学者が多かったから強豪か何かと勘違いしてたし、当時の3年と1,2年が揉めて殆どの経験者が抜けたから北宇治がただでさえ大した事ないのに弱体化した風に見えてたので、そこから滝先生を中心に今の実力主義的な雰囲気で以って実力者が多く集ったから全国も余裕だろ、勝ったなガハハ!程度には思い上がってた。だからそれで負けたのであれば、リアルだなと感じるよりもアニメでさえも厳しい世界を見せつけるんだと京アニ底意地の悪さリアリティや原作に拘った作りを正当に評価しないと駄目な気がするだけに、それでも全国金賞を取って欲しかったなと思ってしまうのは原作への冒涜になるんだろうか。ユーフォ良かったよ。良かったけど、吹奏楽で全国に行くサクセスストーリーというよりその過程で様々な老若男女のヒロインを攻略して行くシミュレーションゲームのそれに似てるなと全く別の要素を感じざるを得なかった。それだけこのアニメは完成度が高くて、だからこそ全国銅賞に憤りすら感じてしまう訳です、はい。


f:id:mouseion:20161222053732j:plainf:id:mouseion:20161222053743j:plainf:id:mouseion:20161222053753j:plainf:id:mouseion:20161222053759j:plainf:id:mouseion:20161222053806j:plainf:id:mouseion:20161222053813j:plainf:id:mouseion:20161222053833j:plainf:id:mouseion:20161222053819g:plainf:id:mouseion:20161222053852j:plainf:id:mouseion:20161222053858j:plainf:id:mouseion:20161222053904j:plainf:id:mouseion:20161222053912j:plainf:id:mouseion:20161222053919j:plainf:id:mouseion:20161222053930j:plainf:id:mouseion:20161222053937j:plainf:id:mouseion:20161222053943j:plainf:id:mouseion:20161222053949j:plainf:id:mouseion:20161222053954j:plainf:id:mouseion:20161222054001j:plainf:id:mouseion:20161222054012j:plainf:id:mouseion:20161222054023g:plainf:id:mouseion:20161222054053j:plainf:id:mouseion:20161222054113j:plainf:id:mouseion:20161222054120j:plainf:id:mouseion:20161222054131j:plainf:id:mouseion:20161222054143j:plainf:id:mouseion:20161222054150j:plainf:id:mouseion:20161222054159j:plainf:id:mouseion:20161222054205j:plainf:id:mouseion:20161222054211j:plain

まあ、今回は久美子が姉麻美子と本当の意味で和解するというか、それが主題のアニメなので全国銅賞なんか過程に過ぎないですよね。知ってますって。
全国で浮かれてたのは僕だけで、ちゃんと秀一と姉との話を聞かれてたし伏線だったのに今更気付いたなんて遅すぎますよ。ええ、銅賞悔しいっす。