mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

真田丸 総評 真田の戦はまだまだ続くエンド。

ともかく50回もしんどかった。とはいえ前半から秀吉の天下までは面白かったからな。怒涛の展開というか。
それが落ち着いたのは上田城攻防戦の後に昌幸が家康によって九度山に蟄居させられてからだけど、それはそれで真田信繁に主役交代したという意味合いがあって良かった場面であった。


真田のこれまでの戦や駆け引き、関ヶ原大坂夏の陣、冬の陣にも全般に言えるけど、いずれも運が幸いし災いした。その運命に抗って負け、勝ってという真田の戦が非常に爽快で何より面白かった。最終回がちょっと投げやりというか雑さがあったけど、それは尺が足りてなかったのかなと。三谷幸喜にしては古畑任三郎以来面白い脚本だったと思う。関係ないけど、真田幸隆に続く“幸”という字、三谷幸喜もまた“幸”に連なる者。その意味では三谷もまた真田家にゆかりがあるのかもしれない。ないかもしれない。それは運命の問題。


それにしても最後に佐久間象山を出したのは真田家の意地、なんだろうけど、真田姓じゃないからあんまり意味のない演出に見える。でも出さないと色々言われるだろうから仕方なかったね。なら、信繁が自刃した直後に佐久間の話を流しても良かった。もう一人の主役信之に注視する位なら江戸の家光期まで長生きしたのに結局断絶した事も言って欲しかったな。まあ、それはそれか。


しかし1年間非常に痛快な時間を過ごさせて貰った。井伊直虎は正直見る気がしない。既に先日に男だと判明してしまったおんな城主直虎、見る気がしないなあ。やっぱり主役は家康秀吉信長に連なる有名大名とか天才軍師とかじゃないとね。うん、来年の僕に任せよう。