mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ドラクエ5嫁戦争におけるフローラ(とその姉デボラ)との結婚は、やはり愛のない物にしか思われない。

要旨

いい加減、フローラとビアンカの嫁戦争に踏ん切りを付けたくて書いた。
そもそもフローラとの結婚にそれほどの価値はないのではないか。また、フローラ自身幸福な結婚生活になったのか、ビアンカと主人公の周辺の関連と併せて考えてみる事にした。



目次

そもそもフローラに有用性なんてあるのだろうか?

てんくうの盾と時折ルドマンから貰えるお小遣いだと思うんだけど、
考えたらてんくうの盾は主人公は装備できないし、お小遣いもカジノとかで儲けられるし
RTA(リアルタイムアタック)などをするでもないとフローラを選ぶメリットってないと思う。

青い髪の美少女という点に果たして魅力はあるのか?

かわいい?いや確かにかわいいけど、薄い本ではフローラは愛人って方をよく見るし、
アンディの嫁だから嫌だと意固地になってフローラを選んでる様にしか見えないのもある。
まして双子の子供の髪の色は青(デボラだったら黒で良いんだけど)なんで好き好んで青髪派の人しか選ばないんじゃないか。
まどマギでいうと、さやかを選ぶんだよ。僕はマミさん派なのでマミさん選ぶし、デボラ派ならほむほむを選ぶだろうという見方も出来る。
要するに青髪ってそんなに魅力的な髪でもない。フローラはかわいいけど!

結局は金か?

ルドマンの資産が手に入る!って人はアンディ以外に並んでたおっさん2人(3人?)と同じ俗物である。
そもそも家柄としては主人公は王族だし、ラインハットのヘンリーとは親友同士。お金に困ってる様に思われない。
ルドマンの資産が入ったからといって冒険にそれほど良い影響を与えるかというと与えないと思う。
ジャハンナに着く頃には、順調に攻略していれば、何万から何十万単位のゴールドを所持しているはずだからだ。
そこにはしたお小遣いなんてもはや大したメリットでもないはずである。

ストーリーの根幹に関わるか?

また、ストーリーを見るとどうだろう。
結婚相手がフローラの場合、初対面の故パパス(マーサは分からない)には「ああ、主人公の嫁さんか」程度の認識しか生まれて来ず
そこに何ら感動は生まれないだろうが、顔見知りの宿屋の娘ビアンカの方がしっくり来るだろう。「そうか、あの子が我が子の嫁か!」となる。
といった具合にストーリーでもご褒美特典でも実はフローラはそれほど優遇されてる訳じゃない。
それはPS2版やDSに行っても同じである。

よく嫁候補にベラやマリア(とネタでルドマン)が挙がる事について

また、同じ意味でベラやマリアもさして重要キャラという訳ではない。
あくまで、主人公を巡る環境に出くわした友人Aである。
マリアに至っては、ドレイ生活の10年を“ヘンリーと共に暮らしてきた”訳だから、ヒロインとしての有用性は寧ろヘンリーに与えられるはず。
そもそもマリアもベラも天空人(伝説の勇者)の末裔ではないので、ストーリー根幹にも関わって来ないので論外だという見方もできる。

まとめ

話は戻るが、考えれば考える程、フローラの有用性を感じない。
フローラが嫁であるべきかどうかは当人の好みだろうが、ただアンディに寝取られる位ならという発想とかルドマンの資産狙いとかであれば、
それはもう人として終わってる。
政治家志望者が大物政治家の娘と結婚してその地盤を継ぐが如くカッコわるい。


正直愛のない結婚である。
フローラとの結婚は愛がない。
それではフローラがかわいそうだ!

余談

因みに筆者は一度たりともフローラを選んだことがない、生粋のビアンカ派である。