読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ガーリッシュナンバー 第1話 雑感 ラノベ作家に調子に乗るなとラノベ作家が苦言を呈した問題

2016年秋アニメ-ガーリッシュ ナンバー

f:id:mouseion:20161007065843g:plain

QP:flapper先生と言えば駄ニメに必ずいるとされる天然記念物として自分の中で非常に知られた絵師さんですが、彼らが関わると円盤売上が悲惨な事になってしまうのはもはや都市伝説どころかリアルタイムで既成事実と化してしまった感があります。
そんなQP:flapper先生の過去作品の比較とかは↓で書きました。

mouseion.hatenablog.jp


まあ、要するに先生でアニメ化は自殺行為だと思うんですよ。キャラクターは毎回可愛く仕上がるのに脚本のせいで、脚本が拙いせいで、いつも脚本とか脚本とか時々監督とかのせいで駄ニメになってしまう、それが先生に宿命付けられた因果という奴です。
尤も今回も一癖ある方、渡航先生がシリーズ構成なので不穏な空気は初めから感じてました。でも面白いですよ、本作は。



本編ですけど、ド新人が打ち上げの焼肉に参加したら駄目ってアレ何なの?物凄い差別感を感じたんだけど、あれ業界じゃ普通なの?まーた個人事業主がどうとか吹っかけそうだけど、声優って一応今はネットでもすぐにどういう打ち上げかすぐ分かるし、また、誰が何をしたってすぐツイートされちゃうじゃん。そんな中でイジメコネクトの非公開版みたいな事やって大丈夫なんですかね。寧ろ千歳のようながっついてる方が俺はありだと思う。



そんな陰湿過ぎる声優業界の中でのガッツリし過ぎな声優1年少しの一新人の苦悩を描く??
千歳は兄がマネとして声優一本でやっている。兄妹で業界人は今時ありうるか。姉弟で声優やってる内田姉弟もいる訳だしね、珍しくない!そんな事はないんだけど。古いのだと親子で大塚周夫・明夫が、もう亡くなって随分経つけど納谷兄弟もそうだよね。個人的に両方とも好きだった、アッキーはまだ健在だけど。



そういえばそれ声の双葉さんも苦労絶えなかったなという印象。あの時は事務所がデカいけど自分はその辺の新人と大差ない売れない声優だったけど、大手事務所だからか層の厚い声優さん達の助けもあって徐々に売れっ子になっていくって感じだった。RECではマネージャーや松丸君の助けもあって徐々に売れっ子へ。そういう意味では小さい事務所でかつ自堕落な千歳さんにこの二作のヒロインの様に努力して詰められるか全然思えない所がネックかもしれない。



思ってる事がすぐに顔に出る烏丸千歳さんの生意気で自堕落な声優活動はこれからだ!渡航先生の次回作にご期待下さい。
しかし売れっ子ともなると態度がデカいのは当然だし芸歴長くなるから当然自分以外はゴミ程度にしか思ってない人も多いだろう。件の柴崎万葉さんなんてコイツどこの坂本真綾だよと思ったけど、こういう意識高い系を大西沙織が演じるのだから業が深いですわ。



それにしても今回一番タブーだなと思ったのは、やっぱりラノベ作家である渡航てんてーが同業者にちくりだったのが笑えるというこの点に限る。
ここだけはよく言ってくれたと拍手喝采したい気分だもの。
しかし、もう一人監督の井畑翔太氏も侮れない。コンテ切り上手くね?メッチャ面白かったんだけど。千歳をぐりぐり回す演出も好き。
総じて今回見た感触ではかなり良かった。なのでQP:flapper先生も遂に面目躍如かもしれないですね。いや、楽しみだ。

f:id:mouseion:20161008133549j:plain


次回、アイドル声優は一旦コケたらもうどうしようもない。宮崎羽衣の二の舞になるな!こうですかね。