mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ジョジョの奇妙な冒険 第4部-ダイヤモンドは砕けない- 第27話 雑感 センチな話、女は魅力があると自覚すると美しくなる。

女は枯れない生き物である。
女は求められればいついかなる時でも女のもっとも性的でいやらしい部分を露わにするものである。
女は男の求めるままに身体を和らげ、股を開くのである。
それは女が女でありたい種の生存戦略である。


さっきまでブスっとした妻がいつになく艶めかしい、乙女のようだ。
それは夫が自身に対して初めて興味を抱き、性的に好意に目覚めたからだ。
という訳で、吉良吉影こと川尻浩作は今華で満ち溢れている状態にある。
妻しのぶが愛おしくて仕方ない、ように傍からは見えてるからである。
その実は狂気を隠し通せていないでいる浩作が、一方で今まで無関心だった妻しのぶをレイプせんと襲い掛かるが如き働きを犯したのに、
妻しのぶの反応は上々で寧ろ犯されたくて堪らないといった恍惚の表情なのである。
正に熟年夫婦のセックスレスな現状からの脱却が今為されようとしている、という風に見えるのだから面白い。しのぶが。



個人的に川尻家の話をちょくちょく出すのは中々素敵な演出だと思ってる。
いや、そもそも30代はまだまだイケるなと思ってしまった。それはまあ普通の感覚なのだが、何故か女という生き物は未婚であるとお近付きになりたくないのに対し、人妻だと近付きたいと思ってしまう、これはどういう心理なのだろうかとちょっぴり哲学でセンチな気分を味わえる、そんな回だった。