mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ツキウタ。-THE ANIMATION- 第12話 雑感 声優の熱演にも関わらず微動だにしないキャラクターの表情はさすがに笑う。

毎週色んな意味で笑わせてくれるツキウタ。
今週はもはや声優の熱演も微動だにしないキャラクターの表情に目が行ってしまい、もはやどうする事も出来ないのかと失笑している。
イツローはコンテ切ったら一流だけど、メガホン取らせると駄目だな。何せ、キャラ造形の時点で詰んでるからね。
作画が酷いとかよりも動きを重視した中割りがもう壊滅的で、女性作画マンの多いはずの本作で何故ここまで動画としての作画が死んでしまっているのか問い質したくなる程にキャラクターが動かないのだ。
エロアニメで言うところの雷火剣的作風なんだよね、これ。
キャラクターのバストアップを限りなく使い回しするやり方。それでも雷火剣のはそれ以外の作風が素晴らしいので大して叩かれない貴重なメーターさんではあるんだけど。
その意味でイツローアニメは、過去に戦国BASARA惡の華で表情の造形が非常に良かったと記憶していただけに今回のこのザマは一体何なのか本当に説明して欲しい限りだよ。
何が酷いってずっと同じ表情、声優さんが笑う演技してるのにキャラクターはずっと同じ表情。
これじゃあどうしようもない。
気になる人は12話を確認して欲しい。12話は特に酷かった。動画的なアニメでは最低ランクのモノだと言って良い。
表情が動かないのは致命的だ。省エネ作画とはよく言ったものだけど、酷い酷い言われた魔装学園でさえ、ゼクスでさえ、表情には一定枚数を使うのにこのアニメ、口は動くけど目はずっと死んでいる。
こんなのアニメじゃないよ!