mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

歴代作品の売上にみるQP:flapper絵のアニメ化に向いてない理由

QP:flapper先生の愛らしいキャラクター達が割合美麗にキャラクターデザインされるお陰で先生の知名度は鰻登りで非常に良い事です。
しかし一方で先生の担当されてるアニメ作品は軒並み売上が爆死するという事から爆死アニメ請負人なる痛い蔑称が与えられてしまっている。
ただそれは間違いです。
何故なら別に彼らのせいでクソアニメないし爆死アニメになってるからではないのです。
声優の木戸衣吹をして爆死声優という蔑称が流行ってますけど、彼女もまたそれらの被害者といえるでしょう。
さて本題に戻りますが、QP:flapper先生が担当されたアニメ、特にクソアニメとされてる作品は以下になります。表は売りスレwikiからの引用になります。

巻数 初動 発売日
01巻 *,*** 10.12.22
02巻 1,097 11.01.26
03巻 1,009 11.02.23
04巻 *,890 11.03.23
05巻 *,905 11.04.27
06巻 *,950 11.05.25

かっこ内はDVD。
01巻 1,961(*,648) 15.01.21 ※合計 2,609枚
02巻 1,784(*,550) 15.02.25 ※合計 2,334枚
03巻 1,624(*,502) 15.03.25 ※合計 2,126枚
04巻 1,582(*,478) 15.04.22 ※合計 2,060枚

01巻 1,738 15.01.28
02巻 *,999 15.02.20
03巻 1,060 15.03.27
04巻 1,049 15.04.24
05巻 1,166 15.05.27
06巻 1,061 15.06.26
07巻 1,109 15.07.24

01巻 *,494 15.04.15
02巻 *,586 15.05.13
03巻 *,553 15.05.20
04巻 *,650 15.06.03
05巻 *,683 15.07.01
06巻 1,063 15.07.22

未定。多分売れない。売れても1000~2000あるいは全く駄目で三桁っぽい空気。



どれもキャラクターが愛らしいですが、簡単に言えばそれだけです。
キャラアニメという言葉がありますが、先生のアニメ作品は全てこれに該当すると言って良いかもしれません。
天体のメソッドだけはストーリーも楽しめますが、一部キャラクターに人気が集中するためやはりキャラアニメでしょう。


また、キャラクターの挿絵も担当されています。

02巻 12,943(*1,794) 13,932(**,***) 14,493(**,***) 13.07.24 ※合計 16,287枚

06巻 1,253 13.08.21

上巻 *,355 15.09.25
下巻 *,492 15.10.28

QP:flapper先生の最初にして最後の大ヒットアニメ作品俺妹のバックイラスト担当回。これだけは元々原作もアニメも大ヒットコンテンツだった事もあり、綺麗に売上に貢献できたのではないでしょうか。ただ、先生の場合、その後が大変だったと察せられます。


個人的見解を申し上げれば、QP:flapper絵でアニメ化するのはリスクが大き過ぎるので、もう辞めた方が良いんじゃないでしょうか。原作は皆人気作品ばかりなので、少なくともアニメ化に向いていなかっただけなのです。アニメ化に向いてる絵ではないので正直に言えば、もしもアニメ化したいなら、クソアニメや爆死アニメ(でも構わなければ)をあえて作ってくれる稲垣隆行監督や水島努監督の様な気概のあるアニメ監督*1に任せた方がダメージが少なくなる分、先生作品でも十分輝けるかと思います。はい。

*1:どちらもクソアニメ請負人として名高い。普通のアニメ作らせるよりはよっぽど有能。天衝監督などの萌えアニメ御用達監督は駄目、名作になっちゃう。