mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

アニメ映画の監督が「本職声優は声が作られてるから(主役や重要な役では)使わない」というが。

脇役に本職声優を起用するのはアリなのか?
そう考えると、「声が作られてるから使わない」に対してどうなのかと思うところがある。
宮崎駿アニメ映画ではそれが特に顕著にある。
主役の声優や重要な登場人物の声優は確かに俳優さんやタレントさんを起用している。
だけど他の人達はどうだろう?
脇の脇役やエキストラ的役割を担った登場人物を見渡せば、彼らは皆本職声優だ。
この間、僕のいない街で監督が俳優さんを起用した時も、自分のイメージに合うのが声を作った声優よりも俳優が合ったというのがあった。
だけど、脇の声優さんは殆ど全員本職声優さんだったじゃないか。
今公開中の「君の名は。」だってそうだ。
神木君は他のアニメ映画にも出演されてるので、彼も本職とまではいかないまでも声を作る事の出来る声優あるいは俳優だ。
他の出演陣が素人声優の集まりの中で彼だけは本職声優にきわめて近い立場にいる。
本職声優は声が作られてるから使わない、に対して矛盾しているじゃないか。
また、「君の名は。」でも当然の様に脇役は本職声優が宛がわれている。
宮崎駿アニメでさえ本職声優が使われているのに、果たして「本職声優が声が作られてるから使わない」が通るのだろうか。
いっそ全員俳優なりタレントなりで構成してから発言して欲しいものだ。
アニメ映画は勘違いされやすいが、絵が良くても声が駄目なら駄目なのだ。
筆者は本職声優至上主義ではないが、それでも耳障りな棒読みボイスには腹が立って仕方ない性質であるので、
当然こういった発言のファクターには耳障りの悪い思いをしている。
アニメ監督は一体何を以って本職声優を耳障りの存在であるかのように発言するのだろうか。
発言の真意はともかく安易に声優が問題みたいな発言は分かっていても言わないのが普通だし、発言に意味性がなければ当然あらぬ誤解を受ける事に為るし、何よりアニメ映画を純粋に楽しみたいファンが悲しむだけである。
最もはっきりしているのは、こうした声優軽視は自らの映画の質を下げていると見られても仕方のない事であると同時にそれを言い訳にするアニメ監督の醜いエゴイズムが見え隠れしてる様である。
要するにこういう発言で逃げる奴はアニメ監督失格だ。