mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

最近『会社3か月で辞めた』説を定期化する風潮がある

会社3か月で辞めた



これをどの就活関係のブログでも見るんだけど、
『会社3か月で辞めた』という言う人、多過ぎないですか。
もはや定型文といって良い程、毎回この手の書き込みを見かける。
何故、3か月にこだわるのだろう?
いや、多分3か月で退職する事に意味があるのだろう。


よく短期間で辞めた後、就活する人を第二新卒って言うんだよね。
第二新卒、意味は以下を見てもらうとして、

第二新卒とは、一般的に学校を卒業後、一度就職をしたが数年の内に離職し、転職活動をする若手求職者を指します。 新卒者が就職後、数年で離職する割合は年々増加傾向にあります。 厚生労働省が毎年発表している大学新卒者の離職率統計では、約30%が3年以内に辞めていると言われています。

私的見解として、昨今の就職即退職って人達の流れ(2chSNSやみんしゅう等)が、年々1年以内とか半年以内とか3か月とかと段々間隔が短くなってきてるって事に注目している。
また、この流れを予想したかのように最近、第二新卒向けの転職サイトや若者ハローワークでは、『一度会社で働いた経験のある方』を募集するようになっていて、その意味する所では、年数を問わず門戸を広げている、つまり勤務経験のある社会人なら誰でもウェルカム!という見方ができる。


こうした背景もあって、社会人に一度なってその後すぐに辞めてしまっても数か月は勤務していた、と箔を付けられる目安が実は“3か月”なんじゃないか、と思う訳です。3か月という、短すぎない程度っていうのが大事なんです。
恐らく会社も、研修あるなしに関わらず出来るだろうって最低ラインが数か月ないし3か月と決まっていて、有能か無能か分からない人材を職歴なしから得るよりはマシだろうと当然考えるはずですよね。結局、その一定のボーダーラインが引かれた事によって、ブラック企業で働くとか雇用のミスマッチによる退職とかが今深刻な問題になってますけど、そこを我慢して働いた事がプラスに働くのが、新人が会社に慣れると思われる3か月目なのかなと思います。


要するに、社会人経験を積んだと他の会社からも認められるボーダーラインが“3か月”という事になるのではないでしょうか。
その話がネットサイトで発信されていき、就活生の間で話題になって、そうした噂が体験談などで裏付けられ既成事実化するようになった結果、昨今の『会社3か月で辞めた』がブランド化して定期化したのだと思う。


とはいえ、自分は『会社3か月で辞めた』説はあまり信用できないと思っている。
何故なら会社としては、ギリギリのボーダーラインが3か月である、ただそれだけなんですよね。
当然経験年数の長い人材を採りたいはずで、そうした人材が優先的に採られていくのが目に見えるからですよ。


まあ、正社員歴は、半年以内なら職歴書および履歴書には書かなくていいという制約があるので、それを逆手に取って“3か月退職”万能説を唱えてみた、というのが最近のオサレなのかなと思う事にします。