mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ダンガンロンパ3 -The End of 希望ケ峰学園- 未来編がアニメ組に不親切だという話について

アニメには登場しない塔和モナカの登場でますます意味不明な展開に思えて来たアニメ版。
ゲームの過去登場人物が総出演と言う事でいよいよアニメ組が置いてけぼりになっていると言う塩梅である。
要するに、ゲーム組向けアニメになってしまっている、という懸念がアニメ組各所から聞こえて来ているという訳だ。
簡単に言えば、彼女の登場は原作における中ボスの扱いなので、アニメ版においては1しかない為、苗木たちの会話から
絶望組ないし希望組のどちらかしかありえないという結論しか生まれないだろうと思われる。
ただ、黒幕の登場にしては登場自体が早すぎるため、恐らくかませ枠で終わる可能性が高いし、あるいは苗木たちの助っ人の可能性もある。
まず強キャラ天願和夫が退場しかけてるし、絶望編の主役である雪染ちさも1話で早々退場になっている。
混迷が深まるばかりながら、そこでも謎の苗木は死なないという圧倒的期待を背負って最新話でも死なない方向で行っている。
皆のオナペット朝日奈さんも無事が確認されたし、霧切さんも死なない雰囲気が漂って来ていよいよ1の生き残り勢が死ぬという可能性が減ったという点ではアニメ組にはかなり救いがあると感じる。
他のメンバーが胡散臭くなくて、ただひたすらウザいだけの逆蔵が今回も死なずにあっさり縄も解いて月光ケ原を殺しに掛かった。
この時点で、逆蔵も黒幕から抜けたと感じる人も多いのではと思う。
少なくともアニメ組にはこのウザさは彼がこの一連の事件の首謀者とは考えないだろう。
正に安全牌である。
恐らく苗木を助けた宗方もまた黒幕ではないのだろう。
一番怪しいと言われていたのが真っ先に死んでみせた江ノ島さん(の姉)を彷彿させる雪染ちさなのだから、
今回黒幕かもしれないなと思わせながら途中参戦だからそんな訳ないだろうとなった塔和モナカとは雲泥の差を感じるだろう。
アニメ組にとっては無印のアニメしか知らないので、当然1期の模倣をやったのではと感じるのも無理はない話である。
いわばラブライブ!サンシャイン!でラブライブ!無印の模倣をして若干の顰蹙を買っているが、ダンガンロンパもまた、またこの展開かと
辟易していた中でのモナカの登場だったのである意味色めき合ったかもしれない。
個人的に超小学生級とかいう意味不明な敬称よりもロリがコロシアイなんかをするはずがないという一方的先入観があるのも事実であるし、
アニメ的にはおっぱいの大きな美少女と声が可愛い化け物とロリは基本的に無害という観念が全会一致で決まり切っているので
もしも塔和モナカが黒幕だったら、デコビッチ師匠やるやん!って別の意味で賞賛の声が揚がるかもしれない。
とりあえず、モナカが黒幕だったらデコビッチ師匠で抜きます。抜けない物で抜くのがどれだけ大変な事か分からない人もいるだろうけど、
割合苦痛を伴うものであり、ダンガンロンパの被害者の死に様も苦痛を伴って痛いのでそれを共有する事で分かち合いたいと思う。