mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

アクティヴレイド2期で移民政策を取るとテロリズムが起こり易くなるという可能性示唆

少子化で子供が少なくなったから移民政策を取って働かせる、当然参政権付与はなし。
こういった論調で今政権与党が日本国に大量の移民を取ろうとしているけど、
アクティヴレイドはその先に起こるであろうテロリズムを先んじて示唆しているので驚いた。
2期1話にて、何も知らない援助交際の女子高生に新しい儲かるバイトがあると多額の報酬を餌にその子にテロの片棒を担がせるといった巧妙かつ日常的に起こり得る第三者を利用した遠隔テロをやるという、移民政策に対する痛烈な批判を行った。
これは中々ありうる事で、現実にフランスやベルギー、ドイツなどの移民政策を積極的に行った国が相当な被害を被っている。
その為日本と同じ島国である英国ですら危機感を持って移民政策、つまりEU離脱をした事はニュースでもやった通り。
その事からアクティヴレイドも移民政策を取った場合の危険について警鐘を鳴らしている訳だ。
何とすごいアニメだと思った。
移民政策に反対の人は是非この1話を見るべきだと思う。
ありえない事ではないし、寧ろ移民を取るとこれから必ず起こり得る可能性を示唆していて見応えがある。
谷口悟朗監督はこういう、時事ネタを上手くギャグやエロティズムなどで覆い隠すのが上手い人だなと思った。
これ、現実にあると思う。
移民政策さえすればね。