mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

パソコン履歴書を作成する時、写真の貼り付けはアナログ派?デジタル派?

手書きパソコン論争でつい先日、増田ほかツイッター2chでも大いに議論が為されたものだけど、
ここで一石を投じて見たい。
すなわち、パソコンで履歴書を作成する場合、写真はアナログかデジタルのどちらにしているのか聞きたい。
アナログは、写真をわざわざフジカラーとかキタムラとかといったカメラ屋さんで撮影して貰って作成する履歴書用証明写真のこと。焼き増し料金がクソ高い。ただプロ仕様という奴だ。
一方デジタルは、そういった写真も入れるかもしれないけど、全部コピーするとかフォトショ使ったりして加工したデータ写真のこと。データ写真の場合、焼き増し料金は無料、素人オリジナルのため、ブレとか写り込み云々は保証されない。
ワードやエクセルで作成した履歴書に加工したデータ写真を貼ったのを印刷して郵送あるいはEメールで送信するならば、正にパソコン作成の醍醐味というか少なくとも全てパソコンで作成したと主張できると思われる。
ところが、企業によってはこういった行為を努力と認めず手抜きと見る所もある。
つまり、写真の貼り付けはアナログ式が未だにまかり通っているという訳だ。
現在パソコン作成による履歴書を推奨する企業は多い。
しかしながら、一方で写真貼付は未だアナログ式を採用して、デジタル化を勧める会社は少ない。
これは何故だろう。
筆者は、これを稲荷寿司のルーツと酷似していると見ている。
すなわち稲荷寿司は豆腐屋と寿司屋による陰謀説があり、履歴書用写真もアナログ化が推奨されているのも写真屋の陰謀ではないかと、こう見る訳である。
でなければ、履歴書のパソコン作成を認めても写真はプロ仕様の証明写真でなければならないとする道理はないはずである。
総じて、写真の貼り付けだけは未だ前時代的であるのが何とも嘆かわしい話であろうか、と思うのである。
そのような訳で、筆者は履歴書用写真のデジタル化を推奨したいと考えているが、諸君はどうだろうか。