mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

カニクリームコロッケに付けるソースはタルタル派?それともウスター(orとんかつソース)派?

昨日、優秀な我が弟(ドイツ在住)が帰郷してきて食卓を挟む事になった高卒の愚兄である私。

その日、神戸コロッケで買ったカニクリームコロッケが食卓に並んだ。私の好物だ。

我が愛すべき弟はカニクリにはウスターがよろしいという事をヨーロッパ留学中に現地で聞いたそうで、

かぶれにもウスターソースで食べるらしい。

おいおいちょっと待って。

普通、日本人がカニクリームコロッケに付けるソースといえば、タルタルソースだと相場は決まってるではないか。

それなのに、愛すべき弟は現地がルーツ(フランスがルーツだったかも)なのだから、現地のマナーで食べるのが礼儀でしょうと譲らない。

私はタルタルこそがカニクリソースのルーツだと何かの雑誌で読んだ覚えがあったので、反論した。

だが、弟は断固たる姿勢を貫くばかりだ。

このままでは些細な事で大ゲンカをしてしまう。

愚かな私はとにかく手が早いのか、いつも口より先に手が出る癖があった。

とりあえず昨日は互いに譲らず平行線のまま、ソースをどっちにするか空の上のまま、互いの主張するソースを互いに食べ比べる事に決着した。

弟はタルタルで食べた事があったので問題はないが、私はウスターソースでカニクリを食べた事がなかったので、

食べるのを一瞬躊躇したものの、食べてやろうじゃないかと考え直し食べた。

すると、どうだろうか。

ウスターの方が中のホワイトソースと程よく合わさって美味しく感じるではないか。

なるほど、我が愛すべき弟の言わんとする事はよく分かった。

だが、何故日本ではタルタルが主流なのだろう?

スーパーで買うカキフライには必ずタルタルソースが付いている。

カニクリだってスーパーで買うと大抵付属している。

タルタルソースはフライ物の中でも確固たる地位を占めているじゃないか。

それなのに、何故ヨーロッパではウスター文化でそれが伝来した日本ではタルタルなんだろう。

うーん、分からない。

日本は英国のビーフシチューを醤油で代用した肉じゃがが伝来している。

たぶんカニクリもその辺りが理由になるんじゃないかと思う。

あるいは、たまたまタルタルソースの方が上品だと感じた日本人らしい思い込みとミーハーが

今日のタルタル文化に繋がったのかな、と思うことにした。