読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ここ数年、高齢者によるコミュニティウォーキングが活発になってる。

コミュニティウォーキングとは、高齢者が10数人以上の規模でコミュニティを形成し、ウォーキングの身なりをして、どこへともなく散歩する事。
多分、老人会とか養護施設の高齢者が中心だろうと思う。
先日、ウチの御年90歳になるじいちゃんも参加したらしく、中々に好評のようだった。
そういえば、学生の時分に調査で奈良や京都に行く事があって、その時に大名行列よろしく大人数のご老人方が列を作ってどこへともなく行進していく様を見とめた。つまりアレが寄合のコミュニティなんだろう。
若い人が数人、多分スタッフと思われるが、こちらも随分楽しそうな感じでウォーキングしていたのが印象的だった。
それが去年今年に入って随分活発になったなという印象がある。
というのも地元でも結構数人規模ではあるけど、大行進状態に入った年配の方をよく見かける様になった。
ウォーキングがブームになって久しいけど、個人で行く散歩よりも複数で和気藹々とした雰囲気で大行進していく様を見ていると、何かこちらも負けてられないなという気持ちになった。
しかし、高齢者とはいえ元気な人達だった。
存外ああいう人達がこれからの世の中を牽引しているのかもしれない。
老害は確かに居なくなればいいけど、ああいう若い心を持ったご老人は長生きして僕たち若者を引っ張って行って欲しいなと感じた。
素直にかっこいいもの。

名探偵コナン 第854話 雑感 やっぱりロリコンは信用ならないby新一。

f:id:mouseion:20170325183012j:plain

うーん、やっぱり犯罪者または犯罪教唆の屑野郎だったか。江舟先生、最悪だな。やっぱりロリコンは信用ならない。バーローの声がクズ過ぎるけど。
それにしても初恋をゾッコンと評するバーローはきっついなあ。きっつい。山崎さんのロリ蘭泣き演技よりきつかったな。山崎さんのはあのロリ声しんどいんだと思うけど。高山さんのショタ声もきつかったな。あと、田中さんの若かりし日の工藤優作の声もだけど。まあ仕方ないね。普段と声色変えないといけない状況だったからね。うん。
話は戻るけど、江舟先生は厳密にはロリコンでなかったな。まあ、やってる事はロリコンそのものだけど事情があった。理不尽過ぎる事情だから同情出来ないけど。この事情を抜きにすると金田一の幼少期の速水玲香が誘拐されてたのを起因とする殺人事件を思い出すな。もし蘭がそうなってたら結構ヤバかっただろうけど、空手とかやってなくておしとやかな子になってただろうから、そういう意味では今ニド蘭とか角が凶器とかってネガティブな捉え方はされてなくて正統派美少女みたく持て囃されたかもしれない。
もし毛利蘭が行方不明失踪状態だったら妃弁護士と小五郎が別居状態にはなってなかったとも思えるから複雑なんだよなぁ。この辺りの妄想はおいおい青山先生か同人の人かで良いのでアンソロジー的な本を描いて欲しいもんだな。

幼女戦記 第11話 雑感 ところで幼女同士の戦争はいつ始まるんですか?

f:id:mouseion:20170325132742g:plain


最近名前倒れ感が否めない。どうやらメアリー・スーが幼女のままで参戦するという話を聞いてたから拍子抜けが連続してる状態なんだ。
スー大佐がまるでハガレンホムンクルスよろしくほぼ不死身で絶対道連れにしてやるマンになってたから笑ったけど、さすがに超展開が過ぎるだろ。
まああっさり死んだのは良かったと思う。ラスボスはドルーゴ(ドゴールっぽいおじさん)おじさんで決まりみたいだし、でも何か味気ないな。
ゲリラ作戦の後戦争が終わる流れはよくある。中華人民共和国の創始者毛沢東がそうだしな。結局帝国側の一方的な戦争終結宣言で終わったのがな。
もはや敗戦は免れない。これが存在Xが描いたドイツ帝国ナチスドイツの成れの果てって事なんだろうけど、なろう系といえばそれすら覆す圧倒的爽快感と主人公無双が売りのはずなんだが、分かってるのかな。これどうせアニオリだろ。爽快感が一切ない。寧ろ学生パートまでが一番面白かったという。
まあでも、徐々に追い詰められてる感が分かる丁寧な描写だし作画も良いからそれほど叩くものでもないが、それでも強引に負けさせるのって、三国志13で呂布勢力をどれだけ強くしても歴史イベのせいで圧倒的雑魚状態の曹操に全部吸収される超仕様並の酷さがあると思う*1

*1:例えば、これ。 www.nicovideo.jp 12:40~

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第12話 (終) 雑感 最高の落語アニメだった。落語アニメとしては最高峰の名作。

f:id:mouseion:20170325030316j:plainf:id:mouseion:20170325030321j:plainf:id:mouseion:20170325030326j:plainf:id:mouseion:20170325030344j:plainf:id:mouseion:20170325030524j:plain


信之助きゅん、親分さんでなく八雲師匠の実子だったのか。だからあれだけ愛情を注いでたんだな。それを与太は勘違いしてたと。

f:id:mouseion:20170325030530j:plainf:id:mouseion:20170325030707j:plainf:id:mouseion:20170325030827j:plain
f:id:mouseion:20170325030932j:plainf:id:mouseion:20170325031030j:plainf:id:mouseion:20170325032402j:plainf:id:mouseion:20170325032408j:plainf:id:mouseion:20170325032416j:plain

不死の妖怪松田さんが生きててワロタ。なお、御年95歳也。
また、与太さんは17年を経てついに九代目八雲を襲名。元ヤクザがここまで大成長するとは。三代目助六は八雲になる為の登竜門って事になったのね。萬月師匠も老けたわ。小夏さんもだけど。


f:id:mouseion:20170325032616j:plainf:id:mouseion:20170325032628j:plainf:id:mouseion:20170325032633j:plainf:id:mouseion:20170325032639j:plainf:id:mouseion:20170325032648j:plainf:id:mouseion:20170325032653j:plain

九代目の死神はその領域が先代八雲師匠の隣りに並ぶ程にまで到達した。それは人を教えられる落語家になったからなのか、はたまた死の領域に達しようとしてるのか分からないけど、落語が好きなんだなというのは伝わった。


f:id:mouseion:20170325032710j:plain

振り返ればこれは与太の物語だったな。与太が弟子に、後世に伝えるべき落語をこれからも続けていく。これこそが先代や助六への手向けになるんだと信じて。多分ね。


f:id:mouseion:20170325032832j:plainf:id:mouseion:20170325032855j:plain

それにしても綺麗に終わったな。
余韻とかそういうのがあるけど、これで完結って感じだな。完璧な締め括りだったと思う。
スタッフも声優さんも関係者の皆様、ありがとうございました。
素晴らしい作品をどうもありがとうございました。

青の祓魔師 京都不浄王篇 第12話 (終) 雑感 日本で最もきたないタワー、京都タワー推しに感動した。

f:id:mouseion:20170325023731j:plainf:id:mouseion:20170325023736j:plainf:id:mouseion:20170325023742j:plainf:id:mouseion:20170325023746j:plainf:id:mouseion:20170325023751j:plainf:id:mouseion:20170325024135j:plainf:id:mouseion:20170325024140j:plainf:id:mouseion:20170325024512j:plainf:id:mouseion:20170325024516j:plain
f:id:mouseion:20170325024619j:plainf:id:mouseion:20170325024623j:plainf:id:mouseion:20170325025048j:plainf:id:mouseion:20170325025053j:plainf:id:mouseion:20170325025119j:plain

青エクの京都タワー推し、凄く愛を感じる。でも、でもさ。京都タワーって結構きたないぞ。通天閣の方がよっぽど綺麗だよ。下町は見てはいけない光景になってるけどww
1期の原作準拠の所まで、それから2期のこれからは続けたら凄く面白い内容だったな。アニオリはなかった事にしておきたい、これはマジで。勝呂のデレはやっぱり燐に対して見たかったからね。うーん、でも売上的に3期無理っぽいのがな。そこは残念だな。

風夏 第12話 (終) 雑感 青春系バンドアニメとしては面白いけど風夏である必要性はないよね。

恋愛モノとして見出すと途端に陳腐で粗が目立つアニメに思えてしまう。
悲しいかな、風夏はその死を乗り越えた結果、残念アニメと化してしまった。
死ぬことが様式美となってしまっているきらいがある。それが根底にあるのが風夏だったから、その死が伝えたかった事全てを生きる事で無に帰しただけで、アニメとしての風夏は終わった作品と見る他ない。

f:id:mouseion:20170325021521j:plain


真面目な話、故人への愛情は深いけど、生きてる人への愛情は軽いという認識。
つまり死亡回避のせいで風夏がひたすらズルい女にしか見えない。
だから風夏が死亡回避した後に勝手にバンド抜けてソロデビューの身勝手さが際立ってその後に優が小雪ちゃんの色仕掛けまで使った覚悟の告白を振り払ったのはアレだけど、その理由がただ一緒にバンドやりたいって信念に置き換わっててそこに恋愛感情が風夏に対してまだあるからとかいう理由付けじゃなくなってるのが何とも。恋愛観が稀薄な恋愛アニメほど酷いものはない。というか、友達路線のまま、バンドやりたいマンっていう「えっなんだって!?」並に酷い展開があった事に寧ろ感謝したいくらいだ。
風夏風夏で事故前後で性格ががらっと変わってて、事故未遂後は打算的な女に成り下がってた。恋愛感情とかいうより何かに意固地になり過ぎててその理由に対して小雪ちゃんがわざわざ発破掛けてやらないと直らない不治の病な所にま~ん丸出しの恋愛観を覚えた。これ考えた奴、絶対少女漫画読み過ぎてるかスイーツ脳だと思う。恋空とか好きだったんだろうな。


あと、人妻になった涼風の色気のなさが何とも。声もキツかった。
昔は三橋の声が好きだったのに、今は下手だなって。昔から下手だったのは分かってたけど、今改めて聞くとどうしようもないな。これが以前涼風の声やってたんだと思うと、時代は残酷さを物語るってね。まあでも唯一というか、涼風の声優を変更しなかった事は評価する。


それとディオメディア+草川啓造監督はもう原作モノに二度と関わるな。マジで!
何が一番酷いってこれまでアニメオリジナル展開になったのには事情があって、ハガレンや青エクの様に原作に追い付いたから仕方なしに改変した場合は許されても良いと思う。だけど、これは違う。だから賛否両論になってる。マギもそうだった。
何故原作通りやらないのかという事。原作通りにやれば喩えアニメの出来が不味かったとしてもそれは原作のせいにできる、つまり逃げ道が作れたのにそれをわざわざ放棄したのはかっこいいけど、失敗した時の責任を原作が被らない分全てアニメの脚本家や監督に降りかかるって事を分かっててやってると見なくちゃいけなくなる。
つまりさっきも言ったけど二度と原作モノに関わって欲しくない。
何か、死亡回避によって気持ちが救われたのに結局やる事はスタッフのオナニーだったらそれはもう原作レイプだ。
しかもこれ原作まだ続いてるんだよ。もう二期出来ないじゃん!アホだろ、スタッフ。だからもう関わらんでくれ、マジで頼みます。

セイレン 第12話 (終) 雑感 最終回なのに常木さんゴリ押しするわ、作画不安定だわで色々残念だった。

f:id:mouseion:20170325011154g:plain

うらら迷路帖と同じ枠だった事も大きい。クズの本懐の様に濃厚なセックスや恋愛描写がある訳でもなく、特にこれといった面白さもなく、今日子編は例外として、キミキスアマガミと来てこれだもん。シリーズ人気はもはや失墜したと言ってよい。残念でもないし当然。
今日子編だけが凄く良かっただけにこれを最序盤にやってたらと思うと構成の問題かなー。常木さんのエピローグの残念さが本作の残念さを際立たせたのが一番の問題だった。これはアレか。中の人がキスNG、セックスNGってアイドルみたいな要求したからこうなったとかじゃないだろうな?

f:id:mouseion:20170325011441j:plain

関係ないけど子供、名塚さんだったのね。これは二期ありそうだな。何せセイレンのOPはヒロイン6人いたからね。残り3人はSSでやるんかな。
まあ、期待せずに待ってる。